SDGs研修がメディアに取り上げられました!

株式会社カガヤ様(一般社団法人「日本SDGs協会」認定企業)
「SDGs体感ワークショップ」の様子が放映されました。

こんにちは!! 私は日本SDGs協会のスーパーバイザーの嶋田亮です。
この度、株式会社カガヤ様の加賀谷社長より、「社員からの要望がありSDGsを学ぶ場を創りたい」とのご相談を協会が承りました。
当協会では、SDGs研修として、セミナーやワークショップなどを実施しています。
今回は、株式会社カガヤ様のご要望にお応えするべく、
① 研修のテーマは、【もっと選ばれる企業になるためにSDGs経営を導入する】
②ワークショップ内容は、
☆「(株)カガヤがSDGsに取り組むのはなぜ?~考える前に感じよう~」をコンセプトに
「Get The Point」という小学生から大人まで幅広く学べる学習ゲームを使って、
〇持続可能というのはどういうことか
〇持続可能な社会を作ると私たちにとってどういいのか
といったことを体感していただきました。
☆ゲーム体験後は、
〇自社がSDGsに取り組む理由
〇どんなことができるか
について、対話をグループで行い、SDGsに対する理解を深めました。
そして、SDGsを会社に導入することにより環境に配慮した取り組みを推進していこう! ということを全員で共有していただきました。
これからみんなで実践するSDGsの取り組みを発信していくことで、社会からの信頼度が上がるのではないかなど・・・
社員の皆様全員が、それぞれに気づかれたこと、感じていただいたことを日々の業務に活かしていかれることと思います。
加賀谷社長は「SDGsをただ、ボランティア的なもの建前的なものでおわらせるのではなく、新しいビジネスチャンスと捉えて浸透させていきたいと述べ、今後も会社全体でSDGsの取り組みを進めていく」とされています。

ワークショップ開催にご興味おありの企業様は、当協会まで、ご連絡くださいませ。
ワークショップの様子はネットニュースで見ることができます。
▶︎IBC岩手放送
https://news.ibc.co.jp/item_47288.html#close
▶︎岩手めんこいテレビ
https://www.fnn.jp/articles/-/389005